うつ病を疑ったら早めに診断してもらおう|十分な休息や睡眠を得る

適切な治療で症状が改善

医者

保険が適応されるので安心

代表的な精神疾患であるうつ病は、自己判断が難しく、治療には専門的な見解が必要なため、精神科や心療内科で適切な診断を受けることが大切です。初診で心療内科等を受診する際は、一時間近くの問診が一般的で、加えて様々な種類の検査を行うため、時間や費用が通常の診察よりも多くかかる場合がほとんどです。例えば、アルコール依存症などの疑いがある場合は、血液検査や尿検査が行われたり、脳の異常が疑われたりする場合は脳波の検査が行われます。このように、様々な検査を行うことが予想されるため、病院にもよりますが、初診では5000円以上の医療費がかかる場合があります。しかし、うつ病と診断された場合、二度目の診察以降は2000〜3000円程で済むことが多く、抗うつ薬などが処方されても高額な医療費がかかることはほぼありません。初めて精神科や心療内科を受診する人は、なかなか病院へ行く勇気が出ずに、治療が手遅れになるケースも多々あります。しかし、専門医の元では、あらゆる精神疾患の可能性を疑いながら、チェック項目に沿って適切に診断を下してくれるため安心して受診することが可能です。自分自身では気付きにくいうつ病は、周囲のサポートが重要な病気で、専門の病院で適切な診断受けることが大切です。精神科や心療内科でうつ病の診断を受けると、その時の症状に合った治療薬を処方してくれるため、自分で何とかしようとするより回復が早くて済みます。うつ病は病院に行ったからと言ってすぐに完治する病気ではなく、薬で症状を抑えつつ、体調と向き合いながら付き合っていく病気です。そのため、一週間から数週間おきに病院を受診する必要があり、その都度、症状をチェックしていくことが求められます。また、うつ病の診断書があると、職場や学校など周囲の人に病気のことをわかってもらえるため、休暇を取りやすいという利点もあります。精神疾患ではストレスが病気の発症につながっていることが多いため、適度に休息を取りながら、ストレスを軽減しつつ日常生活を送ることが求められます。そのため、家族だけでなく、職場など周囲の人にも病気のことを知ってもらうことが大切で、その際に診断書は大変便利で有効です。うつ病の治療では、定期的に休息を取りながら、信頼できる病院と医療スタッフの元で、長期的に病気と付き合っていくことが大切です。

Copyright© 2018 うつ病を疑ったら早めに診断してもらおう|十分な休息や睡眠を得る All Rights Reserved.