うつ病を疑ったら早めに診断してもらおう|十分な休息や睡眠を得る

焦らず気長に治療

看護師

まずは治療の流れを知ろう

うつ病と診断されると、しっかりと休息を取りながら薬物治療をしていきます。薬物治療を始めて1〜3ヶ月程度すると症状が軽くなったと感じる人が多いようです。ただこれは個人差があり、半年程度してからやっと症状が軽くなったと感じる人もいます。このように、診断されてからすぐに症状が軽くなるのではなく、一定期間は症状が改善されないと考えておく必要があるでしょう。一般的には3ヶ月程度で症状が軽くなるのですが、その後4ヶ月くらいすると症状が軽くなったり症状が悪化したりを繰り返します。この時期を回復期と呼ばれ、症状が悪化をする時もありますが徐々に回復に向かっていきます。薬物治療を続けて症状が安定してくれば社会復帰をすることも可能になります。ただ社会復帰をしたからといって安心してはいけません。社会復帰をしてからも再発を防止するために薬物治療は継続します。症状が出なくなったからと自己判断で薬を飲むことをやめてしまうと再発する可能性もあります。しっかりとうつ病を改善させるためにも医師の指示通りに治療をしていくことが大切です。うつ病と診断されてからの治療では薬物治療が主流となっています。薬物治療は副作用などもあり、利用したくない人もいるかもしれません。しかしうつ病の症状はセロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質が分泌されにくい状態です。薬はこの神経伝達物質を分泌しやすくするものです。神経伝達物質の働きがスムーズになれば徐々に薬の量を減らしていき、最後には薬を利用しなくても神経伝達物質が働きやすくなります。薬の飲み始めでは、人によってめまいや吐き気などの副作用が出るかもしれません。この副作用に驚いてうつ病と診断されてすぐに薬の服用をやめてしまう人もいますが、この時には医師に相談をすることが大切です。副作用のことを医師に相談することで薬の量を調整してくれることもあります。神経伝達物資は意識的に分泌できるものではありません。この症状と判断された場合には、薬で働きをスムーズにしないと改善が難しい状態です。副作用が出たからと自己判断をするのではなく、医師と相談しながら二人三脚で治療をしていくと考えることが大切です。

Copyright© 2018 うつ病を疑ったら早めに診断してもらおう|十分な休息や睡眠を得る All Rights Reserved.