うつ病を疑ったら早めに診断してもらおう|十分な休息や睡眠を得る

早めに病院を受診しよう

診察

病気の種類に合わせた治療

うつ病は誰でも罹る可能性がありますが、従来の定型うつは憂鬱な気分が長く続いたり、意欲や気力が減退して仕事や家事、学業などに支障をきたしたりすることがあります。健康な人は2、3日で気分転換が出来ますが、うつ病に罹ると3週間から、4週間以上は気分が落ち込んだり、活動量が下がったりすることが多いです。うつ病には種類がありますが、新型うつ病は若い年代に多く、趣味やスポーツなどの好きなことは楽しめますが、職場や学校などに行くと気分が落ち込んだり、夕方や夜間に掛けて憂鬱な気分が強くなったりすることが多いです。精神神経科のクリニックを受診して、問診やカウンセリング、診察を受けたり、家族から話を聞いたりすることで診断が付くことがほとんどです。病気が診断されると内服薬による治療が中心になりますが、定型うつは薬の効果が出やすいですが、新型うつ病の場合は薬の効果が出にくいこともあります。精神神経科のクリニックでは、認知行動療法が受けられ、カウンセリングなどの精神療法も受けられるので、根気よく通院をすることが大事です。寒い時期になると日照時間が短くなるので、脳内のセロトニンが不足しやすくなり、冬季うつなどの症状が見られることがあります。冬季うつや産後うつなどは一時的に症状が出ても改善することが多いですが、放置をしておくとうつ病を発症する可能性があるので、辛い症状で悩んでいる場合は早めに精神神経科のクリニックや病院を受診して下さい。うつ病の原因は不明な点も多いですが、転職や就職、結婚や出産などで大きく環境が変化したり、両親や兄弟姉妹、親しい友人との死別などがストレスになり、病気を発症したりすることもあります。好きな趣味や娯楽などは楽しめるので、周囲の人は怠けていると誤解をすることもあります。新型うつ病に罹ると、感情の起伏が激しくなり、イライラしやすくなる傾向があります。同居している家族に変化が見られたら、早めに精神神経科の病院やクリニックに付き添ってあげて下さい。早期発見して治療を始めると、入院の必要はないケースがほとんどです。最初から強い薬を出されることはないので、安心して通院ができます。病気が診断されたら、十分な休息や睡眠を得ることが大事です。病気を診断されたら、一時的に休職をするのもお勧めです。

男性

精神疾患の特徴

うつ病の症状は、強い自己嫌悪や無気力感を感じるなど様々あります。治療には時間がかかるため、早めに気づいて病院へ行き、正確な診断を受けて早期治療を開始することが大切です。ストレスとの付き合い方や、自己診断の習慣を付けておくと良いでしょう。

医者

適切な治療で症状が改善

精神科や心療内科でうつ病の診断を受けると、症状や病気の種類に合った治療を施してくれるため大変有効です。また、様々な検査を行う初診では医療費が高額になる場合もありますが、二回目以降は保険が適応されて数千円で済むことがほとんどです。

女性

情報確保の重要性

ネット上や病院で、うつ病の診断が受けられます。個人で受けられる簡易的なものや発注サービスなど、ネットの利便性を使った診断が多くあります。正確な答えが必要なため、近況を十分に洗い出しましょう。通院の時は同行者を募ります。

看護師

焦らず気長に治療

うつ病と診断されてからの治療では休養と薬物治療によって改善させていきます。薬を服用すると副作用が出ることもありますが、自己判断で服用をやめるのではなく、医師と相談をしながら薬物治療をしていくことがうつ病改善には重要です。

男性

やる気があるうちに診察を

うつ病は病院に訪れるために必要なやる気さえも奪っていくので、少しでもつらいならすぐに専門のドクターに診断してもらいましょう。基本的には予約が必要ですが、ないところや緊急対応してくれる場合もあるので、つらさによって通うところ選ぶとよいです。

Copyright© 2018 うつ病を疑ったら早めに診断してもらおう|十分な休息や睡眠を得る All Rights Reserved.